Fandom

Re:Monster Wiki

Comment1

Day 188

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

Day 188

Boss who left home improvement today, «Sol Tudo "barbaroi, got out of the King. Woods is located two rows column, 1 hour walk away until going on a whirlwind tour. Carrying a rucksack and equipped with light armor leather, holding sword and short spear, put food and therapeutic tools, so previous «Sol tud» if we except such as bully soon Heather would have become. But we arrived body enhanced by the occupational acquisition of improving dietary habits and combat system, and enchant somehow barely, to withstand combat, is a tired one without dropouts. And then orders arrived after about one minute break and making 1 Quartet, monsters to hunt in the shallow part of the forest. So 50 people can be 12 pairs, but beyond about two people. So two people--a bully and kid decided to Lieutenant General (woman), Argento and Oro pairing. Instruct the hunt further because no high level monsters up there in the surface layer of this forest. OK Argento and Oro that there hind Veer class monster is no more would will never die because the year cows. When it comes to good if it helps. I'm out of the Woods in Cana decided to wait to return all while training her with red hair short.

Evening, everyone returned. Nears the delicious, who snatched the Wolf series monster at wrested orb spider legs a few present who came hunting yoreutnuki and even many who suffered various injuries, already Miss Horner bit, if from underground roots, will stick [thorny roots fig] seems hard and surprising, such as spreaders and inhales the person who collected the sleepy scales: "sleep moth" hunted. And most veterans were expected to pair of Milo. Big striped cat smell to axe a clunky, gray scales is characteristic of "grey lizard", effect, deceive the enemy "deer looks" the pig head obese "oak" and overwhelm the other.

Well, not that much trouble is. Two, I stroked the head. Shyly, but hate is not seems to be.

Each booty do housed in the items box, back atop the skeleton centipede, headed home. Most slept in there, so run along slowly. And arrived at the residence of the King and was first put in the bath. Day from running around in the Woods, was like the smell of sweat and blood. Rice took a bath once hunted their prey with the material feed. Who hunted more luxurious ones have become so motivated for the future. Say somethin' better ones, if you keep trying it. Simple is good.


for << Sirzechss >>




Day 188

 今日は改築を親方達に任せ、≪ソルチュード≫達を率いて王都の外に出た。  二列縦隊を組み、徒歩で一時間程離れた場所にある森まで駆け足で進んでいく。  革の軽装鎧を装備し、手に剣や短槍などを持ち、食糧や治療道具を入れた背嚢を背負っているので、以前の≪ソルチュード≫達ならガキ大将などの一部を除いてすぐにヘトヘトになっていただろう。  だが食生活の改善と戦闘系の職業獲得、そしてエンチャントによって強化された肉体で何とかギリギリで実戦に耐えられるようになった事もあり、疲れはするが一人も脱落者を出さずに到着できた。  到着した後は一分程休憩し、四人一組を作り、森の浅い部分でモンスターを狩るよう命令し、送り出した。  五十人なので十二組できるのだが、二人ほど余る。なのでその二人――ガキ大将とガキ中将(女)に、オーロとアルジェントを組ませる事にした。  この森の表層部にはそこまで高レベルのモンスターは居ないので、更に奥で狩るように命令する。  オーロとアルジェントが居るのでハインドベアー級のモンスターが複数出ない限り大丈夫だろうし、イヤーカフスがあるので死ぬ事はないだろう。  いざとなれば助ければいい。俺は森の外でカナ美ちゃんと赤髪ショートと訓練しながら、全員が帰還するのを待つ事にした。

 夕方となり、全員が帰還した。  大小様々な怪我を負った者は多いが、既に懐かしくすらあるホーンラビットやヨロイタヌキを狩って来た者も居れば、オニグモの脚を数本もぎ取った所でウルフ系モンスターに横取りされた者、美味しいが近づくと地下から根が伸びて突き刺してくる【刺根イチジク】などを採取した者、吸いこむと眠くなる鱗分を撒き散らす“眠り蛾”を狩った者など、意外と頑張ったようだ。  そして一番戦果が多かったのは、予想通りにオーロ達の組だった。  無骨な斧を使い灰色の鱗が特徴的な“グレイリザード”、幻惑効果のある匂いを発して敵を惑わす大縞猫“ディアールックス”、豚頭に肥満体の“オーク”など、他を圧倒している。

 まあ、それくらいでないと困るのだが。  二人を褒め、頭を撫でた。くすぐったそうにしていたが、嫌ではないらしい。

 それぞれの戦利品はアイテムボックスに収納してやり、帰りは骸骨百足に乗せて帰路についた。  大半はそこで寝たので、ゆっくりと道中を走らせる。そして王都の屋敷に到着するとまず風呂に入れさせた。一日森の中で走り回り、汗と血の臭いを漂わせていたからだ。  風呂に入った後は各自が狩った獲物を材料にした飯を食わせる。より多く狩った者の方が豪華な物になっているので、今後のやる気に繋がるだろう。  もっといい物を喰いたいなら、努力しろと言う事だ。  シンプルでいい。

Also on Fandom

Random Wiki