FANDOM




PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


“四百二十日目”

 通訳兼護衛として分体を配備した鍛冶師さん達を≪クロニュソス・ティタン≫に残し、俺はカナ美ちゃんと赤髪ショートだけを連れて再び≪巨獣の幻森≫にやって来た。


 傍らにはココで出会った巨人達がいる。

 数は三人新しく増え、その三人は不信感を宿した眼でコチラを見ている。

 巨人達からすれば、俺達は人形のような大きさだ。それが自分達の任務=仕事に同行するとなれば、そんな視線の一つや二つは当然ある。


 だからそれを気にする事も無く、俺達は森の中を進んでいく。

 理由は簡単で、貨幣を稼ぐためだ。


 そもそも≪クロニュソス・ティタン≫に行く際、俺は亡くなった巨人達の仲間の亡骸をアイテムボックスに入れて持ち帰った。

 巨人達も仲間の亡骸を持ち帰りたかったし、その手間が省けるのは歓迎する事だったのだろう。

 特に反対もなく話は進み、≪クロニュソス・ティタン≫に帰って亡骸を引き渡した。


 その縁を使って、俺は交渉した。

 巨人達には報告の際に上司となる兵士長にコチラの売り文句を伝えてもらい、あれこれして昨日の夜に短時間で簡潔ながら交渉し、今日正式な仕事として行っている。


 仕事の内容は巨人達が仕留めた巨獣の運搬などだ。報酬金自体はそこまで多くはないが、これは縁を深くし、情報や貨幣を得る為の仕事だ。


 一石で何鳥も美味しい仕事は、滞りなく順調だった。


 巨人達を超える感知能力を持つ俺が指示し、巨獣を次々と狩っていく。

 巨人達の訓練も兼ねているので手出しはしないが、兵士らしく統率された動きで危なげなく戦果を上げていた。

 討伐した巨獣は多岐にわたった。


 百メートルは優に超える龍のように長大な緑刃鱗の大蛇“グリョフナス”

 スタンプボアの祖先らしき巨岩のような大きさの“ギガプレッシュボア”

 大樹の間に緑色の糸を使ってまるで城のような巣を張る“緑城皇帝蜘蛛”

 芋虫を二十メートルほどの大きさにした外見の割にプルプルとした食感と味が良い“デザートクラップ”

 蟷螂の上半身に百足の下半身を持つ凶暴で好戦的な“マンティセスピード”


 その他どれもが巨獣と言われるに相応しい大きさがある。

 ブラックフォモールなどで巨人の戦いには見慣れているが、それでも相応の迫力はあった。

 今度は巨人達の戦い方を真似させてみようと思う。


 ある程度時間が経過した後の休憩時間には、戦っていないのでまだまだ元気なカナ美ちゃんと赤髪ショートを連れて周囲を散策し、見た事も無い巨大なキノコや木の実を収穫し、ついでに寄って来る巨獣を巨人達以上の速度で狩っていった。

 赤髪ショートにはまだ厳しい相手ではあるが、補助すればどうにかなる。

 それに数体を狩ってからは新しく【巨獣狩りの騎士(ビグスシャサル・ナイト)】とその上位職【巨獣狩りの聖騎士(ビグスシャサル・パラディン)】、そして【巨獣喰い(ビグス・イーター)】という新しい【職業(ジョブ)】を複数得た。

 巨獣や自身より巨大な存在に対して補正が入るこれらはその効果を遺憾なく発揮し、【神器】と合わさって巨獣を狩る赤い暴風となった。


 個人的に収穫したモノは自分達のモノに出来る事になっているので、帰る時には圧倒的大差をつけられた巨人達は項垂れていたが、それはさて置き。


 仕事の報酬金を手に入れた俺達は、皆が待っている宿に帰る事にした。

 帰り道に少し寄り道して、宿についたのは日が沈み、マジックアイテムの街頭が点灯してしばらく経ってからだった。


 夜には夜の美しさを見せる≪クロニュソス・ティタン≫の夜景を三人で見学しながら宿に帰っていると、その途中で、裏路地を全力で走るアルジェントを見かけた。

 アルジェントだけならそんなに気にしないが、今回は違う。アルジェントの後ろには一人の少女が居た。

 側頭部から山羊のように渦巻く角が伸びる、上品な白いワンピース姿の少女がアルジェントに手を引かれて走っている。


 アルジェントと少女の姿はすぐに裏路地に消え、その後を追う黒服の男達。パッと見ただけでも十三名は居ただろう。

 それぞれ武装し、統率された動きで追っている。時折光弾を空に打ち上げているので、他に仲間もいるようだ。  静かだった周囲に、喧騒が戻り始めていた。


 一体、何があったんだ? と小首を傾げながら、俺はとりあえずアルジェントに事情を聞く事にした。

 カナ美ちゃんと赤髪ショートは、何だかロマンスの匂いを嗅ぎ取ったのか、悪巧みするような生暖かい笑みを浮かべている。


 絶対に弄られるアルジェントの未来を思いながら、俺達は追跡を開始した。

 子供の成長を見守るのも親の仕事ではなかろうか。


 俺達はノリノリで闇に紛れる黒衣を着込む。

 ミッション、スタートだ。



Day 419 == Day 420 == Day 421 (NOT OUT YET!)


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.