FANDOM



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


“四百十六日目”

 半日かけて空から探したが、どういう訳か【神秘豊潤なる暗黒大陸】が見つからない。


 大陸規模になるのだから、普通なら大空を飛んで探しても見つからない訳がない。

 見当違いな場所を探している、とも考えはしたがそんなはずはない。


 実際、情報収集もかねて立ち寄った、海辺にあった漁業と貿易の盛んな都市国家≪ヤーシャタハ≫では【神秘豊潤なる暗黒大陸】が在るはずの方角は、丹念に探した場所は、近付いてはならない魔の海域として誰もが知っている。


 荒れ狂う海流は数多の船舶を海底に誘い、武装船舶すら壊す大型の好戦的な海洋モンスターが多数生息しているそうだ。

 しかし危険だが滅多に獲れない魚が豊富に生息していたり、海域の先には古代の秘宝が眠る黄金郷――これが【神秘豊潤なる暗黒大陸】を指していると思われる――があるなんて話もある。

 欲に目がくらんで出稼ぎに来ている【漁師】やら【探検家】などが出向いては帰ってこない話などその辺りに転がっていたので、安酒の一杯で簡単に聞く事ができる。


 だから、場所は間違いない。


 それなのに見つからないとなると、やはり何かしらの手順が必要なのだろう。

 ある一定の範囲からループしているような感じもするので、今日は一旦≪ヤーシャタハ≫で泊まる事にした。


 ≪ヤーシャタハ≫で泊まった宿はそこそこの高級宿で、名は≪チェスト・グアバ≫という。

 センスの良い内装や質の良いサービスと、新鮮な貝と魚を使った“アークパチェ”という料理が売りの宿だ。

 当然“アークパチェ”を注文し、ジックリと味わった。

 貝と魚の旨味を最大限引き出し、混ぜられたピリリと辛い野菜と香辛料による味付け。

 身体は火照って汗が噴き出るモノの、それが食欲を刺激する。


 うーん、美味い。

 やはり美味い飯を喰うのは、旅の醍醐味だ。



Day 415 == Day 416 == Day 417


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.