FANDOM




PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


“四百十四日目”

 死が身近に佇む砂海を巡る者達が居る。


 それは生まれて死ぬまで殆どの時間を砂海で過ごす“砂海の民”と呼ばれる者達の事であり、彼・彼女達は複雑に流れる砂海の砂流を見極め、木材やモンスター素材で造られた砂上船の上で暮らしている。

 他では見られない独特な文化が育まれ、過酷な環境なので数こそ少ないが、それだけに身体能力や独自の戦闘技術は新大陸でも上位に位置しているそうだ。


 そんな“砂海の民”は幾つか氏族に別れているのだが、今回俺達が接触したのは“ヤンカ・ネパ族”と呼ばれる、複数の砂上船を連結させた砂上船団で砂海を移動する規模の大きい有力氏族だった。


 基本的な種族は人間で、褐色の肌と黒い髪、細く引き締まった肢体が特徴的だ。

 武器は主にモンスターの骨や牙を使った原始的なものだが、主な食料は砂漠のモンスターなので全員が赤髪ショートのように【魔喰い】系の【職業】を持っている。

 そのせいか俺達を見る時には獲物を見るような視線も多少混じるが、基本的には陽気な連中である。


 そんなヤンカ・ネパ族の砂上船団でも一際大きな一隻にて、今日の夜、俺達は歓待を受けていた。

 一応言っておくが、酔わせて仕留めるという古典的な罠による歓待ではなく、普通の歓待だ。


 そうなった切っ掛けは砂海を流れる砂流の交わる地で、気まぐれに釣りをしていた時の事である。


 さっさと【神秘豊潤なる暗黒大陸】に行けばいい話だが、ここまで来た記念にと思い、空から見つけた広大な砂海に浮かぶように点在する巨大な岩の上で昼食をとる事にした。

 船内で飯勇や姉妹さんが作ってくれた料理は美味しく、絶品であった。


 しかし量が少ないなと感じてしまい、折角だからと何の気なしに新鮮な食材を求めて釣りをした。

 そして釣り上げた“サンアブル・クラーケン”はここ最近周囲を荒らしていた個体だったらしい。


 “サンアブル・クラーケン”は本来なら大海に生息する“クラーケン”種が陸上に適応した種だ。

 全身が筋肉の塊だからかボコボコと隆起した数十メートルほどの巨大は岩の塊か何かに見えるが、一度動き出せば太い触腕で獲物を潰して捕食する獰猛さがある。


 それを釣り上げた訳だが、当然暴れたので、急所に朱槍を突き刺して仕留めた。

 仕留めた後は、これはこれで美味しいのだろうか? などと思い飯勇達に調理をさせ、実際に喰った。


 切って焼いただけの簡単な調理法だったが、コリコリとした触感は意外と悪くなく、個人的には焼きクラーケンとして十分楽しむ事の出来る仕上がりとなっている。

 ただ調理法が合っていなかったのか、噛み千切る事がかなり難しい歯ごたえだった。歯ごたえがあるのはいいが、ゴムみたいにありすぎるのもそれはそれで困る。

 もう少し調理法を工夫すれば美味しくなったかのしれないと思うと、何だか悔しい気持ちにさせられた。

 仕留め方をもっと工夫すれば良かったのか? などとも真剣に悩むほどだ。 


 ともあれ、そんな“サンアブル・クラーケン”を仕留めた俺達は、たまたま“サンアブル・クラーケン”を退治しにやって来たヤンカ・ネパ族の戦士衆と遭遇。

 地元の食材を調理するなら地元民が一番よく知っているだろうと思って一部を譲るという話になり、こうして集落で歓待された訳である。


 歓待のメインは当然“サンアブル・クラーケン”を使った料理だが、その他にも多彩な食材が使われる。


 今回のクラーケンは近年稀に見る大物だったらしいが、ヤンカ・ネパ族の奥様方が手慣れた様子で調理して気がつけば全身が調理されていった。

 その様子を飯勇や姉妹さん達は熱心に見学し、時には教えてもらいながら勉強している。


 そうして並ぶ料理の数々。

 特定の砂魚から獲れる魚油でぶつ切りにしたクラーケンの触腕を揚げた“テッコ・ハブ”。コリコリとした触感とサッパリとした味が面白い一品。

 サボテンに似た植物やその他数種を刻んで造られたサラダ料理“クシャハビ”は、普段食べた事のない食材が多く、新鮮な味がした。

 “カシャクーラ”は、切った触腕に魚油を塗ってただ焼いただけだ。しかし俺達が焼いた時のようにゴムのような歯ごたえはなく、柔らかくコリコリとした触感にまで変化していたので、魚油に秘密があるのだろう。

 “ハーツル”はクラーケンと砂漠に生息する小型の“青殻蠍”(ブルースコルピオン)をメインに使った料理だ。クラーケンのコリコリとした食感と、ブルースコルピオンのまるでエビのようなプリプリとした食感が同時に楽しめる。

 “ハッカパウーレー”は色んな食材をごった煮にした鍋料理の一種だ。砂海では水分が貴重な資源ではあるが、これは食材の水分を無駄にしない特徴的な形をした、タジン鍋に似た鍋を使っている。個人的には新鮮だがどこか懐かしい味がするこいつはお気に入りだ。


 その他にも色々喰ったが、調理法一つにしても現地の知識には感心させられる。

 未知の味をまた一つ知る事が出来たので、いい寄り道だっただろう。


 腹を満たし、チビチビと“テッコ・ハブ”を摘まみに飲む迷宮酒は最高だった。

 夜空に広がる星月を眺めながらの一杯も、中々風情があるのではなかろうか。



Day 413 == Day 414 == Day 415


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.