FANDOM



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


“四百十三日目”

 不毛な砂漠のど真ん中で喚んだタツ四郎を翼の生えた飛行竜船とし、それに乗った俺達は快適な空の旅を満喫している。


 以前は骸骨蜘蛛などを変形させて乗りやすいように工夫していたが、飛行竜船にした事で胴体自体が一つの巨大空間に変わっている。

 竜のような形の飛行機、をイメージすれば分かりやすいだろうか。

 その乗りやすさは段違いであり、内部ではゆったりとくつろげるし、甲板となった背中に出れば周囲はよく見まわせる。


 眼下に広がるのは砂と土と石の広がる過酷な大地。

 似たような風景なので特に見るモノはないが、特徴的な岩山などは見ていて面白い時もある。


 時折亜竜すら捕食する巨大な禿鷲のようなモンスター“コンドムルバス”の群れなどが襲ってくるも、首を伸ばしたタツ四郎が美味しそうに食べながら突き進む。


 高度はあまり高くないので、地上の様子は結構見える。

 何か面白そうな事があれば降りたりして楽しみつつ、俺達は進んでいた。


 時折気になった場所に降りたりして時間を使ったが、普通に行くよりも遥かに速い。

 これなら寄り道しても数日で到達できるだろう。



Day 412 == Day 413 == Day 414


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.