Fandom

Re:Monster Wiki

Day 381-390/Day 385

< Day 381-390

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Day 385Edit



Day 385



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 “三百八十五日目”

 昨日は特に番狂わせも無く、予定調和のように首長【神憑者】は打破され、外壁を破壊した俺の初撃に巻き込まれてしまった運の悪い構成員数名を除いて死者を出さずに【守神の腕セクト】の乗っ取りが完了した。


 極力殺さないように、などと言っていた俺が死者を出しているのだから、後で反省するとして。


 余裕があれば【砂城の楼閣】に挑戦するつもりだったが、反逆防止の為にイヤーカフスを装着させたり、主にブラ里さんの活躍で軽く致命傷を負った【神憑者】と、鎮圧時に抵抗してきた構成員達の治療。

 派手に破壊されてしまった外壁や家屋の修復に、蓄えた財宝やドロップアイテムの精査、軽く暴走したブラ里さんをスペ星さんが説教するなど、後処理に思ったよりも時間を使ってしまった。


 そうして気がつけば日が変わり、整然と並ぶ百五十名弱の【守神の腕セクト】の構成員だった者達を俺は見回した。


 下はまだ幼い一桁の子供から、上は骨と皮だけのような老人まで幅広いが、その眼には確かな信仰を秘めた者達が様々な感情を込めて俺を見て来る。

 怨敵を見るような者も居れば、陶酔したような者も居る。

 既にイヤーカフスを装着させているので、彼・彼女達はこれまで通りの生活を続けてもらう予定だが、【神憑者】などは何だか奇妙で熱い視線を送って来るのは気のせいだろうか。

 愛しい者を見るような、あるいは憎らしい者を見るような、愛憎渦巻く陶酔と狂喜の匂い。

 やはり第一王妃の同類か、いや戦闘力があるのでより面倒な部類か、などと思いつつ、あえて触れずに放置した。


 本拠地は終わったが、≪ムシュラム・ジャンナ≫のアンテナ商店にまだ構成員が残っているので、そちらの処理もするため、今日は一端帰る事にした。

 大量の香辛料やその他の食材を大量に手に入れた事もあり、飯勇や姉妹さん達に竜肉を使った料理を作って貰わねばならないだろう。


 それに船で留守番しているミノ吉くん達から暴れたいとの催促もあったので、ここで先に【砂城の楼閣】に挑めば拗ねるかもしれない。

 だから攻略はまた後日だ。


 やれやれと思いつつ、密かに確保した砂蛇が瓶詰された迷宮酒【シャータンラ】を飲んでみる。

 ピリッとくる辛みが癖になる、中々美味い酒だった。酒精も強く、何だか精力までもが高まりそうな気さえする。

 他にも種類はあるようで、これは迷宮酒にも期待できそうだ。


 これは手早く準備を整え、さっさと攻略せねばなるまいか。




Day 384 == Day 385 == Day 386


Also on Fandom

Random Wiki