Fandom

Re:Monster Wiki

Day 381-390/Day 384

< Day 381-390

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Day 384Edit



Day 384



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 “三百八十四日目”

 分体で得た情報と奴隷達から聞き出した話。そして自分達で見聞きした現実。


 ある程度知りたい事は知れたので、夕方頃、鍛冶師さんや錬金術師さん達に子供達を任せ、カナ美ちゃんと赤髪ショート、ブラ里さんとスペ星さんを連れて、少数精鋭な五名で【守神の腕セクト】が拠点を構える【砂城の楼閣】に行ってみる。

 

 ≪ムシュラム・ジャンナ≫内部にある【守神の腕セクト】のアンテナ商店は既に視察済みで、売られているドロップアイテムから出てくるダンジョンモンスターの情報もある程度入手した状態だ。

 後は構成員達に話を聞けば、細かい情報も得られ、攻略も楽になるだろう。


 特に緊張したりもせず、普段とは装いの違う美女達に囲まれながら歩く事数十分少々。

 植物の少ない荒れ地が広がり、その向こうに地平線の彼方まで続く砂漠地帯に俺達はいる。

 時折遠くに“砂狼(サンドウルフ)”の群れや“砂蜥蜴(サンドリザード)”などを見ながら進んで行くと、加工された岩石で造られた砦を発見した。


 鋭利に加工された岩の杭が乱立した先にある、外敵を阻む十メートルはありそうな分厚い外壁。

 その上には顔をシュマグのような砂避けの布で覆う、武装した物々しい見張り番が眼を光らせている姿が視認できる。

 また大型のモンスター対策なのかバリスタなどの大型兵器も幾つか見られ、普通に攻め落とすとなるとかなり手強いだろう、堅牢な構造をしている。


 そしてそんな砦の奥には玉葱のような屋根が特徴的な城があった。

 遠目ではその全貌は窺い知れないが、見える範囲では外敵を阻む堅牢な構造をしているだけでなく、見栄えが良いように細かい装飾が施されている。

 恐らくはあれが【砂城の楼閣】なのだろう。

 全体的に茶色っぽく、どこか砂が固まって出来たような印象を受けるので、もしかしたら本当に砂で構成されているのかもしれない。

 名称からして、入ったら崩れて生き埋めにされそうな予感がしてくるのは、気のせいだろうか? と小首を傾げたくなった。


 ともあれ、逃げも隠れもせず、真正面から乗り込んで行く。


 すると当然こちらに気がついた見張り番から誰何されるが、無視して銀腕で一薙ぎ。そして巻き起こる鬼雷と鬼風による破壊の嵐。

 【鬼雷風神】という【金剛夜叉鬼神(ヴァジュラヤクシャ・オーバーロード)現神種(ヴァイシュラシーズ)】に元々備わっている能力によって生じたそれ等は、一瞬で如何にも堅牢そうな外壁をまるで最初から何も無かったかのように消失させる。

 運悪く巻き込まれた構成員は血煙となって、外壁と同じようにこの世界から消失した。


 内部まで完全に排除するならこれに【灼雷雨の両腕(イグナティル)】などを上乗せするのだが、今回はやり過ぎても駄目なので俺は追撃を行わない。

 その代わりに、他の四名がまるで血に飢えた餓狼のように空いた穴に向かって突入していく。


 先頭を行くのはブラ里さん。普段とは比べ物にならないほどの凶暴性を顔に滲ませ、手には血を欲する双剣が握られている。

 それに続くのは赤髪ショート。新たな愛剣となった【円環之魂蛇剣(ロボロス・ス・ゼリナス)】を手に、獲物目掛けて疾駆する。

 カナ美ちゃんは走る速度が遅いスペ星さんを片腕で軽やかに抱きかかえ、スペ星さんは着々と魔術の砲弾を構築していた。


 極力殺さないように、とだけは言って皆を送り出した俺は、轟く破壊音にしばし耳を傾けた。


 正直言って、【守神の腕セクト】には【神代ダンジョン】に挑戦できるだけの実力があるとはいえ、襲いかかる四名は過剰戦力も良い所だ。

 生物として個の基本性能が高い新大陸の住民とはいえ、【英勇】には劣っている。

 それに対して【英勇】達を複数相手にできる存在が三鬼、匹敵する存在が一名という構成だ。負ける方が難しいだろう。


 先に一杯やろうかな、とすら思える余裕が俺にはあったが、内部で急激に膨れ上がる気配があった。


 どうやら彼・彼女等の首長である【神憑者】が戦闘に入ったらしい。

 どこか【神力】に似た力を宿す独特の気配がする。『グゥオオオオオ!』という重低音の巨獣の咆哮がここまで響き、地面が震えた。


 五つの組織の首長は全員【加護持ち】である事が判明しているので、それ関係の能力だろう。


 まあ、事実はさて置き、結末は変わらない。


 敵が強者であればある程、燃え上がる性格な戦鬼が居るのだから、むしろさっさと敗北していた方が彼女の為だっただろうに。

 天すら切り裂くような血剣の大軍勢が生まれたのを見て、出来る限り死なないで欲しい。

 俺にはそう願うしかなかった。




Day 383 == Day 384 == Day 385


Also on Fandom

Random Wiki