Fandom

Re:Monster Wiki

Day 381-390/Day 383

< Day 381-390

964pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Day 383



Day 383



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 “三百八十三日目”

 どうやら裏の組織の一つに目をつけられたらしい。


 というのも、観光中色々と豪快に買い物をしているからか、スリに目をつけられたのが始まりだ。

 意識して威圧感などは抑えているので、ちょっと変わった鬼人程度に思われたのか、物陰から隙を伺う者が出た。

 気にせず放置しておくと、隙だと思ったタイミングで近づいて来るので、それが痩せ細った孤児らしき子供の場合は僅かばかりの金銭を握らせ、そうでない大人のスリは麻痺させてから腕をへし折る事幾度目か。

 大人のスリは技術的にも高いので、【盗賊】とかそんな感じの【職業】持ちだろう。


 流石にそれだけやれば警戒されるらしく、逆にこちらを見つけて逃げていく失礼な奴らが増え始めた頃、スリとはまた違う雰囲気の尾行者が増え始めた。


 スリは裏の組織の下っ端の下っ端の更に下っ端である事も多いので、恐らく腕を折ったスリの誰かが上役に泣きついたのだろう。 


 とりあえず単独で監視する奴を見つけて、裏路地に誘ってハンティング。

 気づかれる前に背後から首を指で摘まみ、キュッと絞めて即落とす。

 意識が無い状態で即座に分体を【寄生】させ、叩き起こして情報を手早く吸い出していった。


 結果として、俺達を狙ったのは【奴隷商人】であるロプソン一家だと言う事が判明した。


 どうやらスリはロプソン一家の下部組織の更に末端だったらしく、情報が上に伝わり、舐めた馬鹿を消してやろう、とでも思ったのかもしれない。


 ロプソン一家は数ある中小規模の組織の一つでしかないが、その上には【死の商人グランデス】が控えているらしい。

 武器を扱うにはヒトが必要だ。使える人材の確保や育成をさせる為、【死の商人グランデス】に忠誠を誓う下部組織には複数の【奴隷商人】が存在し、ロプソン一家はその一つらしい。


 ほうほう、と思いながら、尾行者を連れてふらっとロプソン一家の拠点に寄ってみる。

 ロプソン一家が経営する店舗は、少々奥まった場所にあった。

 そこそこの大きさの店舗で、そこそこ清潔感がある。侵入者だけでなく脱出者も出さない高い壁で囲まれ、周囲には似たような建物も多い。

 そこまで目立つ訳ではないが、大きな看板が出ているので、ここだとすぐに分かった。


 【奴隷商人】であるロプソン一家が取り扱う奴隷は表向きには二種類あり、契約によって働く労働奴隷、犯罪者がなる犯罪奴隷となる。


 労働奴隷は、早い話が衣食住を雇用主が負担しなければならない代わりに、賃金が安くすむ労働力である。

 奴隷と言っても扱いは市民に近く、理不尽な暴力などを振るう事は許されない。

 契約期間が終われば自由になることも出来るので、平民の中にはあえてそうなる者もいる。

 労働奴隷である事を示す鉄枷は足に嵌められ、一目で分かるようになっている。


 対して犯罪奴隷は、重犯罪を犯した者がなるため、最悪死亡しても問題ない。

 危険地帯に行く冒険者や行商人などは、肉壁として使う場合もあるようだ。

 犯罪奴隷である事を示す鉄枷は首に嵌められ、これも一目で分かるようになっている。


 どちらも【奴隷商人】が扱う一般的な内容だが、裏ではロプソン一家は他の奴隷も扱っている。

 冒険者や攻略者などが借金などで落ちる戦闘奴隷、【鍛冶師】や【錬金術師】など特殊技能を修めた技能奴隷、そして様々なモンスターを調教して飼い慣らす怪物奴隷などである。


 別に戦闘奴隷や技能奴隷を売っても問題にはならないが、ロプソン一家の背後にいる【死の商人グランデス】の事を考えれば、他の組織から戦力を隠したり、同じような中小規模の組織に戦力として送る事など目的があったのだろう。

 【死の商人グランデス】の事業の一つに大規模な【闘技場】もあるので、そこで【剣闘士】として戦わせる事もあったかもしれない。

 怪物奴隷は敵役としても使い勝手はいいだろうし、犯罪奴隷なら使い潰してもいいのだから。


 ともあれ、分体で逃げ道を塞ぎ、真正面から堂々と乗り込んで特にあれこれもなく無事に制圧が完了した。

 数十名ほどの武装した構成員だけでなく、同数以上の戦闘奴隷までも立ち向かってきたが、腕を一振りすれば数名単位で沈んでいく。

 死なないように手加減しながら昏倒させるのは手間だが、さほど手強い相手ではない。

 構成員にそこそこ強い奴がいれば摘まみ食いしようかなとも思っていたのだが、本当にゴロツキ程度の雑魚しかいないので見逃す事にしよう。

 代わりに戦闘奴隷の中にはそこそこ良さそうなのも居たが、後で何かに使うかもしれないのでこちらも見逃す事にした。

 そうなると喰いたい相手は居なくなったので、機械的に処理していく。


 数分程度で一人も逃がさず制圧した後、分体をロプソン一家の長であるロプソンに【寄生】させて【隷属化】、支配下に置いた。

 その後、目ぼしい商品を徴収する。


 現地工作員としての役割があるので、砂漠で暮らす民族の男性だったり、砂海という場所で砂船という船に乗って暮らす少数部族の女性だったり、他国から連れられて来た計算の出来る貴族の少女だったり、移動民族で各地を転々と渡って暮らしていた少年だったりと、今後役立ちそうな知識や技術がある人材だけを引き抜いていく。

 戦闘要員はそこまで必要ないが、上位から数名だけ性格なども考慮して選んだ。


 今後活動範囲を広げる際には、きっと役立ってくれるだろう。


 なんて思いながら、十数名の奴隷達を連れて服屋などを見て回る。

 全員犯罪奴隷ではないのでそれなりの扱いを受けていたようだが、ちょっと薄汚れていたので、そこそこ小奇麗な服を選ぶ。

 そのついでにイヤーカフスを装着させ、一時の拠点として購入した屋敷に戻る。

 ホテル暮らしもいいが、どこに諜報の耳があるか分からない。

 そう言う事もあり、早速改造した屋敷で奴隷達から話を聞いたりして過ごす事となった。




Day 382 == Day 383 == Day 384


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.