Fandom

Re:Monster Wiki

Day 371-380/Day 379

< Day 371-380

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Day 379Edit



Day 379



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 

 “三百七十九日目”

 チラホラあった特殊海域が少なくなり始め、どこか出航した頃のような感じがする。

 もしかしたら新大陸が近いのかもしれない。


 そう思い黒鯱提督に確認してみると、どうやらかなり近くまで来ているようだ。

 流石に今日中の到着は無理だが、明日には到着できるらしい。


 普通なら数ヵ月単位で大海を越えねば大陸は行き来できない、と聞いていた。

 それがこれほど短縮できたのは、それだけ【アンブラッセム・パラベラム号】の性能が素晴らしかったと言う事と、黒鯱提督の航路選択が正しかったという証明だろう。


 まあそんな話はいいとして、今日も変わらず上層のプールで優雅に鬼酒を楽しんでいると、遥か遠くに存在する武装船舶の船団らしき影を見つけた。

 最初は遠過ぎて良く分からなかったが、船団は同じ方向に進んでいるし、コチラの方が速いので時間が経つにつれて距離が縮まっていった。


 次第にその姿はハッキリと視認できるようになり、それは十数隻ほどの船舶で構築された船団だった。

 全ての船体に損傷が目立つ。損傷は比較的少ない船舶もあるが、その多くはあの手この手で応急処置し、ギリギリ浮いているような状態だ。


 長い長い航海中に、様々な海洋モンスターに襲われたのだろうか。

 沈んだりはぐれたりした武装船舶があったかどうかなどは分からないが、船団の苦労が想像できた。


 しばらくして追いつき、そのまま横並びになった時、船乗り達はコチラに笑みを浮かべて手を振っていたり、手を組み膝をついて祈りを捧げる姿などが確認できた。

 反応はそれぞれだが、皆一様にホッとしたような、何かから解放されたように朗らかだ。


 新大陸が近いだけあって、命がけの航海も後少し。

 しかし船体の状態は良好ではなく、海洋モンスターの群れに襲われたり、大きな時化と遭遇すればかなり危険な状態になりかねない状況で、心身の疲労やストレスは船乗り達に重く圧し掛かっていたのだろう。


 そこに船乗りなど海の男達にとってとても関係の深い神々の一柱である【船舶の神】の【神代ダンジョン】が通ったと考えれば、あの反応も頷ける。

 まるで守り神にでも遭遇したかのようだ。


 そういう理由もあって湧き上がる船団は、何と速度を上げた。

 【アンブラッセム・パラベラム号】の近くなら凶悪な海洋モンスターに襲われないと思ったのか、あるいはただ単純に離れたくなかったのか。

 

 何はともあれ、彼等の努力もあってしばらく並走する事になったのだが、それでも地力が違い過ぎたので、徐々に離れていく。


 他にも色々と暑苦しいやり取りがあり、その一部始終を見学した俺は、気持ちを切り替えて残り少ない休暇を楽しむ事にした。

 うん、青空の下で飲む鬼酒は良いもんだ。




Day 378 == Day 379 == Day 380


Also on Fandom

Random Wiki