Fandom

Re:Monster Wiki

Day 371-380/Day 378

< Day 371-380

967pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Day 378



Day 378



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 

 “三百七十八日目”

 ≪星降りの海≫と呼ばれる特殊海域を航行中、周囲に降り注ぐ小さい隕石が鬱陶しい。

 不可思議な守りでもあるのか直撃する事も無いし、大荒れの波で揺れる事も無い。

 しかし爆音と衝撃波は周囲で止まる事が無く、飛び散った海水が雨のように降り注いでくる。


 面倒なので今日も船内にて過ごす事になった。


 仕事も消化しつつ、休憩時間などには背中にカナ美ちゃんを背負った状態で、鍛冶師さんや錬金術師さん達の所に顔を出す。


 鍛冶師さんはここ最近、アス江ちゃんと一緒に宝飾品の製作に夢中である。

 傍らには鍛冶に興味を持っている鬼若だけでなく、【宝石の神】の【加護】を持つオプシーも居て、あれこれ思った事を言っているようだ。

 談笑しているそこに混ざりつつ、デザイン何かの案を出してみる。


 錬金術師さんは、何やら姉妹さん達と一緒に厨房で何かやっているようだ。

 興味を引かれたので覗いてみると、海鮮食材にあう新しい調味料の研究をしているらしい。

 あーでもない、こーでもない、と楽しそうに笑いあっていたので、保存している食材を手土産に会話に混ざる。

 新しい調味料の道はまだまだ長く険しいが、きっと何か作ってくれるだろう。

 後半では飯勇達も混ざってきたので、どうにかなりそうだ。


 その他にも合間合間に皆の所を回り、あれこれやっていた。


 そうこして時間は過ぎ、鬱陶しかった≪星降りの海≫を越えたので夜は外も穏やかだ。

 晩飯の後、ふと単鬼で鬼酒が飲みたくなったので夜風に吹かれながら晩酌していると、無言でミノ吉くんがやってきた。

 その手には飯勇によって調理されたらしい、前【獣王】ライオネルの肉料理がある。

 一言も発しないまま肉料理を挟んで座り、鬼酒を注ぐ。

 鍛えられた四肢の肉と、熱く滾っていた心臓を用いたそれをツマミに、無言で同時に鬼酒を呷る。


 鬼酒は変わらず美味いが、今晩だけは肉料理を彩るだけの脇役だった。

 さほど手の入っていない、焼いただけのようなそれは、しかし一口食べただけであの黄金に輝いていたライオネルが思い浮かぶほど鮮烈だった。

 噛む毎に全身に野生が宿る様な錯覚。溢れ出る魔力が四肢に満ち、全身に力が漲る充実感。


 ライオネルの相手はミノ吉くんに譲ったが、一手だけでも実際に手合わせしたかった、と今更ながら思う。

 既に遅いが、その僅かな後悔をスパイスに肉を喰う。



 【能力名(アビリティ)【獅子王ノ黄金鎧】のラーニング完了】

 【能力名【獅子王ノ覇道咆哮】のラーニング完了】

 【能力名【百獣ノ獅子王】のラーニング完了】

 【能力名【獣統べる獣王の断罪(ビーキグンド・ヴァナス・ガロ)】のラーニング完了】



 殺して喰った強敵の味を忘れぬように、俺達はただ黙って、肉料理を全て平らげたのだった。

 夜空に、ライオネルだけでなく、ヒュルトンの姿も見えた気がした。




Day 377 == Day 378 == Day 379


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.