Fandom

Re:Monster Wiki

Day 371-380/Day 376

< Day 371-380

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


Day 376Edit



Day 376



PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


 

 “三百七十六日目”

 今日も大海の上で遊ぶ事になったのだが、今回は条件を満たした事で新しく精製できるようになった“ブラックイグレスシードラゴン”に【船舶神之操舵輪】を使用する。

 黒化によって普通のイグレスシードラゴンよりも大きかったが、大きさは【神器】である【船舶神之操舵輪】の能力によってギュッと圧縮され、最後には特殊小型船舶――つまりは水上バイク【ブラグレス】となった。


 【ブラグレス】は成人男性が三、四人は余裕で乗れるほどの大きさなので、分類としてはランナバウトタイプになるだろうか。


 ともかく、浮き輪代わりになる分体製ジャケットを装備し、俺はオーロやアルジェント達を後ろに乗せて海上を走る。

 地上と比べてより速く感じられるそれにオーロ達も大はしゃぎで、意図的に振りまわして海上に投げ飛ばされても楽しそうに笑っていた。


 今居るのは波が比較的穏やかで、透明度の高い海水が特徴的な≪レースルード海域≫だ。

 襲いかかって来る海洋モンスターもいないので思いっきり楽しんでいる訳だが、次第に【ブラグレス】に慣れたのか、最初程は反応が鈍い。


 そこで【ブラグレス】をモーターボートくらいの大きさにし、持ち手の付いたロープを設置。

 簡単に言えば両足にボードをつけて曳航(えいこう)されながら水面を滑る、ウェイクボードである。


 最初は手本という事で俺が挑戦したのだが、ここで希少能力【水乗りジョニー】が効果を発揮した。

 自動的に航行する【ブラグレス】に曳航されながら、飛んだり跳ねたり回ったりと技を決めていく。


 初めて見るそれに興奮したらしき子供達がこぞって挑戦しているが、最初はちょっと難しかったのだろう。

 立ち上がる事に手間取ったり、途中でロープを離してしまったりと、色々あった。


 しかし慣れれば早いモノで、それぞれ乗りこなせるようになった。

 結構体力を使うのだが、子供達はケロリと余裕そうだった。


 ちなみにミノ吉くん達も挑戦していたが、その大きさだけに【ブラグレス】のパワー不足で思う様にいかなかった。

 その時は【シャークヘッド号】なり魔導船なりでカバーしたが。


 ともあれ、そんな感じで大海を満喫した日だったと言えるだろう。

 素潜りで獲った魚を焼き魚にしてウマウマと喰いつつ、明日も良い一日になりそうだと思うのだった。




Day 375 == Day 376 == Day 377


Also on Fandom

Random Wiki