Fandom

Re:Monster Wiki

Day 153

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

Day 153

Are far away, but is quite high since pea King City viewis a very shining sun.

It yesterday "somehow raining we ' incident kepteating Wyvern meat I activates the. Was obvious in thewoman warrior and arena is somewhat, although theportions are huge. Dozens of meat is lightly.

However, to ensure new flesh, new abilities are alsoeating all meat on hand so I decided to go Judasmountains led everyone.

Skeleton centipede rocked last night decided thatseveral hours, is dangerous on the road eliminates in-body and skeleton centipede, served in the dangerzone that Judas mountains piled up snow on themountaintop hillside we jadalwyvern and startedinhabiting the monster hunt.

Live jadalwyvern in Jadar mountains that is known isalso inhabited by numerous monsters.


For example, [snake chicken Cockatrice].

Appearance as the man with a snake's tail and scalesto magic eye big chickens, with petrochemicals andbeak, then poison claws, get stuck 掠ru is dangerous,and Cohen and the meat, known as a delicacy.

Tomboy will have to also be used in the meals servedto the party of the Royal Majesty had said deep friedCockatrice's favorite Princess.

However small that Cockatrice is genuinely strongclass of monsters, so the meat hit the market.


For instance, the [female demon serpent Naga].

A kind woman type lower body is a serpent demon.Looks like the Dryad and lewd demon succubus toseduce and men of other races, faded to squeeze outthe spirit in nature and beauty.

And was strangled after the Act is lured by good looksfool, that is used or managed.

Because repond in any kind of decent wisdom workingover the snake of the family--night Viper, etc--becausethey employ quite belong to the nasty stuff.

However there are so many things lying around certainstock traded at a higher price to nest, that dealing inequivalent exchange, merchant of death-defying, ornot.


For example, [bumble bee Barbie].

A kind of demon beast Wireworms, bear has twoversus four and spines, and appearance changes will help out a partial skeleton with six legs of a bee.

In addition to agility of bees and flying ability andstrong spines with strong bear. What it scary.

Just bee characteristics to dumb and salvation onlyrelatively small populations, but instead build nests,seems to be that flock from too much meaning seems.


Such a condition, inhabited by a wide variety of othermonsters.

Judas mountains are a treasure trove of ingredientsnot yet eaten reasonably high level zones so deliciousexperience.

I decided to do it single action like rants, kana is theCommander of the remaining members were left toher.

For some reason tomboy Princess and the boy Knightcame away so that the Cana okay so there is swordfighting King recently added, and needs-CHAN, who isto have ensured its safety and women warriors areattacked by a flock of jadalwyvern would, I'm sure.

If yer cows through contact must come.


Hunting began in that alone.

So no time [early patrol vigilant network phased array]and [spatial orientation sensor Su-area] simultaneousimposition.

Can perceive widespread quickly in this way becameeasier to find,. To look for some more monsters, andignored because the proximity to the reaction thatnone the less.

So less of me as possible in silence in the mountainswhile looking for prey, infestation a few minutes I found it.


It is found on the first would dive-bomb something[bumble bee Barbie].

It was built on the rocky cliffs is no longer said thatkind of fortress. Is unclear what made the gray nest is100 meters in size. Like nests in the range visible fromoutside the hemisphere have stuck on the cliff, asomewhat disgusting to watch.

And also Barbie Barbie airspace around each role, as ifworking Barbie though fond of feeding the monster, at the back of the nest by Barbie's child care, flew aroundthe nest predators have particularly huge, hefty bodyoutside the lazy are people seals at the back of thenest, others clad in skeleton soldier Barbie Barbieseem.

But certainly very big nest populations less seems tobe.

All together, at most 80 cats wonder about. A fightbecause it's a number, including Barbie's child from 5060 fish at?

The big surprise is not only about 80 animals in thenest size of 100 meters, individuals are stronglybecause staff have a, maybe.


Anyway, were immediately discovered the nest Barbiea good start.

It says why the Barbie honey is known as a kind of high quality ingredients from. You can eat like a bee childor child, or doable.

Can be incidentally Barbie has carried the nest Monstercarcasses meat dumplings, eating most Aru demonseed as landscape, dead in a nursery bed flowerswhich bloom, hoards of its honey said. To grow foodsource by yourself or try impressed and the Barbie issurprisingly great.

Now, and feeling very, Barbie's child and Barbie Queenor «familiar» in, and beekeeping in near the basedecided to move many to be youhou.

Instructions are simple, burning paralysis poisonparalytic smoke, to manipulate the air flowed in thenest, filling up. Then make sure to wait a moment,stuck into the nest.

Barbie Queen nest to largest Barbie was of normaltwice or more as a result, one animal, to make self-defense make nest five cats, goblins and as big as achild working Barbie ten Cubs, soldier Barbie, six cats,«the familiar» to was able to.

The others all killed and ate fresh out of. What apeculiar habit of bear meat tastes good, but specificparts, such as insect legs and bear hands-saturatedhoney sweet, especially delicious.

[Completing the ability name abilities [beekeepingTakumi] learning]

[Learning complete capacity [bee sting]]


Beekeepers can cause high correction [beekeepingTakumi] I've got a good start.

It could secure large amounts of honey a little red soyou let it go.

Try licking the bite in tasting and instinctively yelled isdelicious too. It is even feeling that flows southwardsforces from deep inside the body.

Heh, this successful beekeeping during the dumped onthe table badly. Taste is so that blows away the tired,source of vitality.

So it became a useful trade goods and Elf.

Huge nests were not recovered and still can useMonster stock was in the nest, live Barbie cuts roughlybreak down and rammed the wreckage in the itembox.

As soon as I collected nest enclosures was prettysturdy, so cannot be used to do something, and I thought they should.


Then restart the search now [hunting rabbitbalparbanir] attacked in groups.

Sharp blade top, such as rabbit species would, in theamount of loose draws an arc and has grown like awhip to tail. Without a sound approach, will slash their prey at the edge of the head, so attacking with a tailwhip is somewhat awkward category is.

Kill Sakura because that way, I ate rabbit meat. Could not be raining nothing but became to satisfy myhunger. Good taste, so to knob it seems.

Blade head is especially senbei rice crackers in a crispand crunchy, spicy spicy, more want liquor.


[Rock giants rock Golem] and then you come across.

That was exactly good rock for balparbanir meatslightly away so sit down in there, and it's body halfover sat buried in rock Golem was.

To create a Golem series monster is basically humanspecific professions have given the magic a certainritual often exist in location materials such as jadalmountains are rich in a land full of magic and vitality.

Made of quicksand desert made of snow and ice closeto icebergs made of lava near the volcano because ifthe Golem was built apart from the naturally occurringGolem is arguably the best embodies thecharacteristics of the land, and [giant lava lava Golem],[ice giant ice Golem], if [desert giant desert-Golem]and will be.

As a characteristic common to the Golem of activitytime is very long, and soil and stone is famous asDungeon Monster wandering Dungeon built self repaircan do easily by using the material in its environmentcan be refilled easily from human.

It is often seen it derived, derived Dungeon orDungeon of course God build using the authority ofthe respective gods. Rather is that if strong steps.Dungeon with monsters enhanced features as well asfrom environment well suited to it.


So this rock Golem height is about five meters as thebig OGRE troll's. No pain at all and the material is rockso attack strength and defense are trolls, but will rockGolem is better, in the quickness of movement littletroll winning seems to be.

That was hurt by big rock Golem attacks no matter what the hit would have. It is not fatal.

Smaller out of the way so I and crushing the rocksbecome a part of the body, becomes a rallying pointfrom fist-sized demon nuclei were collected. Magiccore is like slime was the Golem only tenderest.

You can break this or destroy the pouch.

Decided to ironed mouth we could do trying to reusethe familiar nucleus, but wandering in the flop andtaste like candy while looking for the next prey.


And killing continue to hunt one day, was jadalwyverneven ten or so could ensure the meat, and gatheredquite a few Monster materials other than those it.

So is enough to find out what was raining abilitiesfrom the meat of jadalwyvern did not unfortunatelynew abilities, but why put a few days withoutproblems.

I think for the time being, put your hours four days orso.

Tomboy like location is the Princess, was delighted toreturn.


Barbie who incidentally was the familiar skeletoncentipede one building, already inspires to the base.

To truly take you to King City from judgment andwould not go.

Not be if this translated well there are many parts thatdid not understand.

De: Sirzechss

Here the original text if someone else it can do alggosince the subi because here was the Day 153 andothers

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

遠く離れているものの、かなりの高所にいるので豆粒ほどではあるが見下ろせる王都を朝日が照らしている。  昨日の『何故かラーニングできたよ』事件を切っ掛けに、俺はワイバーン肉を喰い続けた。多少は女武者達と闘技場で喰っていたとはいえ、その量は多い。軽く数十人分の肉がある。  だが手持ちの肉を全て喰っても新しいアビリティは得られず、仕方ないので新しい肉を確保するため、俺は皆を率いてジャダル山脈に行くことにした。  思い立った昨夜から骸骨百足に揺られながら来ること数時間、道中の危険は骸骨百足と分体で排除し、山頂に白雪が積もったジャダル山脈という危険地帯の中腹にて、俺達はジャダルワイバーン及び生息しているモンスター狩りを開始。  ジャダル山脈にはジャダルワイバーンが住んでいる事で有名だが、他にも多くのモンスターが生息している。

 例えば【】。  外見は蛇の尾と鱗をもつ人ほどに大きな鶏で、石化効果を持つ魔眼と嘴、それから掠るだけで動けなくなる毒爪が危険だが、その肉はサッパリとし、美味として知られている。  王族皇族のパーティに出される料理にも使われる事もあるらしく、お転婆姫もコカトリスの唐揚げは好物だと言っていた。  ただしコカトリスは純粋に強い部類のモンスターなので、その肉が市場に出回ることは少ない。

 例えば【】。  下半身が大蛇である女型の鬼の一種。他種族の男を誘惑し、涸れるまで精を絞り出す為ドライアドやと似た性質を持ち、美人であることが多い。  そして美貌で引き寄せられた愚者は、行為が終われば絞め殺されて丸呑みされるとかなんとか。  亜人種の一種でもあるので人並み以上に知恵が働き、眷族の蛇――ナイトバイパーなどなど――を使役するので結構厄介な部類に属す。  ただし巣には高値で取引されるとある素材が転がっている事も多いので、命知らずな商人などが等価交換で取引する事もあるとかないとか。

 例えば【】。  魔獣蟲類の一種で、熊に蜂のような足を六本と二対四枚の翅と毒針、そして部分的な外骨格を加えたような外見をしている。  蜂の俊敏性と飛行能力と強力な毒針に加えて強固な鎧を持つ熊。何それ怖い。  ただ蜂の特性を持ちながら個体数は比較的少ない事だけが救いと言えなくもないが、その代わり巣を作って群れているらしいから、あまり意味がなさそうだ。

 といった具合で、この他にも多種多様なモンスターが生息している。  ジャダル山脈はまだ食べた事のない食材の宝庫であり、それなりに高レベル地帯なので経験値も美味しい。  俺は単独行動で好き勝手やることに決めて、残りのメンバーの指揮はカナ美ちゃんに一任した。  何故かお転婆姫と少年騎士もついてきてしまっているのでカナ美ちゃんはその安全を確保してもらう必要があるし、先日新しく加わった剣闘王や女武者が居るのでジャダルワイバーンの群れに襲われても大丈夫だろう、きっと。  ダメならイヤーカフス経由で連絡が来るはずだ。

 ということで始めた一人でのハンティング。  時間もないので【】と【】を同時発動。  これで一気に広範囲を知覚できるようになり、探しやすくなった。すぐそばに反応はあるがどれも小さいので無視し、ある程度以上のモンスターを探す事に。  俺の存在がばれないようにできるだけ無音で山中を走りながら獲物を探し、数分と経たずにそれを見つけた。

 最初に見つけたのはあろうことか【】の巣だった。  断崖絶壁の岩肌に造られたそれは、もはや一種の要塞と言える。何でできているのか不明だが、灰色をした巣は百メートル単位の大きさがある。外から見える範囲では半球状をしている巣が崖に張り付いている様は、見ていてなんだか気持ちが悪い。  そしてその周囲の空を飛び回るベアービーはそれぞれの役割があるようで、モンスターという餌を捕ってくる働きベアービーもいれば、巣の奥でベアービー・チャイルドの世話をしているベアービーもいて、巣の周囲を飛び外敵に備えている一際巨大で屈強な全身外骨格に覆われた兵隊ベアービーもいれば、巣の奥で惰眠を貪っている怠け者なベアービーもいるようだ。  ただ確かに大きな巣の割には個体数が少ないらしい。  全て合わせて、せいぜい八十匹程度だろうか。これはベアービー・チャイルドなどを含めた数なので、戦えそうなのは五十匹から六十匹といったところか。  百メートル単位の大きさがある巣で八十匹程度しかいないというのは驚きだが、個体が強く、大きいが故に広さは必要なのだろう、多分。

 ともかく、さっそくベアービーの巣を発見できたのは幸先がいい。  何故かと言えば、ベアービーの蜂蜜は高級食材の一種として知られているからだ。チャイルドとかも、蜂の子のように食べる事ができるとかなんとか。  ちなみにベアービーは巣に運んだモンスターの死骸を肉団子にして食べる事もあるが、大半はとある魔花の種を植えこみ、死体を苗床に綺麗な花を咲かせ、その蜜を貯め込むのだとか。自分で餌の元を栽培するとかベアービーって意外と凄いな、と感心してみる。  さて、と気を取り直して、ベアービー・チャイルドやベアービー・クイーンとかを≪使い魔≫にし、拠点の近くでする為に色々動く事にした。  手順は簡単で、麻痺毒を燃やして麻痺性の煙を出し、気流を操作して巣に流し込み、充満させる。それからしばらく待ち、動かなくなるのを確認してから巣の中へ。  結果として巣の最奥にいた普通のベアービーの二倍以上の大きさを誇るベアービー・クイーンを一匹、ゴブリンと同じくらいの大きさがあるチャイルドを五匹、巣を作るための働きベアービーを十匹、自衛させるための兵隊ベアービーを六匹、≪使い魔≫にすることができた。  他は全て殺し、新鮮なうちに食べてみた。独特な癖のある熊肉の味もよかったが、蟲の足や熊の手といった特定の部位は蜂蜜が染みついているのか甘く、特に美味い。

 【【養蜂の匠】のラーニング完了】  【能力名【蜂の一刺し】のラーニング完了】

 養蜂に関して高い補正が発生する【養蜂の匠】を得られたのは幸先がいい。  それにやや赤色をした蜂蜜も大量に確保できたのでよしとした。  味見で一口舐めてみると、あまりの美味さに思わず叫んだ。それに身体の奥底から力が漲っているような感覚すらある。  ふむ、これは養蜂に成功した際には、ぜひとも食卓に並べたい。味もそうだが、疲れが吹き飛ぶし活力になる。  それにエルフとの有用な交易品にもなりそうだ。  その他にも巣にあったまだ使えるモンスター素材を回収し、住むベアービーが居なくなった巨大な巣は大雑把に切り裂いて分解し、その残骸をアイテムボックスに突っ込んだ。  巣の外郭はかなり頑丈だったので、何かに使えないか、と思ったから回収してみた次第である。

 その後は探索を再開し、今度は【】が群れで襲ってきた。  ブレードラビットなどの上位種らしく、額には緩やかな弧を描く鋭い刃が生え、尻尾には鞭のようなものが生えている。音もなく近づき、頭部の刃で獲物を斬ったり、尻尾の鞭で攻撃してくるので多少は厄介な部類なのだが。  邪魔なのでサクッと殺し、その兎肉を食べました。何もラーニングできなかったが、腹の足しにはなった。味はそれなりなので、ツマミによさそうである。  特に頭部の刃はのようにパリッとした歯応えで、ピリっと辛く、より一層酒が欲しくなった。

 その次は【】と遭遇した。  ボーパルバニーの肉を喰う為、少し離れた場所に丁度いい高さの岩があったのでそこに腰かけると、それが身体の半分以上が土に埋もれたロックゴーレムだったのである。  ゴーレム系のモンスターは基本的に人間の特定職業持ちが魔力を与え一定の儀式をする事で創造するか、ジャダル山脈など材料が豊富で、土地に魔力と活力が満ちている場所に存在することが多い。  造られたゴーレムならともかく、自然発生したゴーレムはほぼ間違いなくその土地の特徴を色濃く体現している為、火山近くだと溶岩で出来た【】、氷山近くでは氷雪で出来た【】、砂漠なら流砂で出来た【】となる。  ゴーレム系に共通する特徴として活動時間が非常に長く、土や石などその環境で簡単に補充できる素材を用いる事で自己修復を容易に出来る事から、人間が造ったダンジョンを徘徊するダンジョンモンスターとしても有名だ。  勿論神がそれぞれの権能を使って造る神代ダンジョンや、それの派生である派生ダンジョンでも見かける事は多々ある。むしろそういった場合の方が各段に強い。ダンジョンが持つモンスター強化という特徴としてだけでなく、環境もそれに適しているからだ。

 それで今回のロックゴーレムは高さが五メートルほどで、と同程度。そもそも痛覚が存在しないし、素材が岩なので攻撃力と防御力はトロルではなくロックゴーレムに軍配が上がるだろうが、動きの機敏さでは僅かにトロルが勝っているらしい。  ロックゴーレムの攻撃はどれも大ぶりで、当たれば痛いだろうがその程度だった。致命的ではない。  邪魔なのでさくっと胴体部分になる岩を砕き、その中から結集点となる拳大の魔核を採取した。この魔核はスライムにもあったように、ゴーレムの唯一の急所だ。  これを壊すか、あるいは取り出せば破壊する事ができる。  魔核は再利用しようと思えばできるが、今回は口に放り込み、コロコロと飴のように味わいながら次の獲物を探して彷徨うことにした。

 そうして一日狩りを続け、目的だったジャダルワイバーンも十頭ほど殺して肉を確保できたし、それ以外のモンスター素材もかなりの数が集まった。  残念ながら新しいアビリティは得られなかったが、なぜ数日置いておいたジャダルワイバーンの肉からアビリティをラーニングできたのか調べるには十分な量があるので問題なし。  とりあえず、四日ほど時間を置いてみようと思う。  お転婆姫達も楽しめたようで、帰りにはご満悦だった。

 ちなみに使い魔にしたベアービー達だが、骸骨百足を一台造って既に拠点へと向かわせている。  流石に王都に連れて行くわけにはいかないだろう、との判断からだ。

Also on Fandom

Random Wiki