Fandom

Re:Monster Wiki

Day 151-160/Day 160/Sidestory

< Day 151-160 | Day 160

961pages on
this wiki
Add New Page
Comments0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


SidestoryEdit

NEW TL

PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


【とある団員視点:百六十日目】


 迷宮(ダンジョン)

 無数のダンジョンモンスター達が跋扈し、常に殺し合いが繰り広げられる場所。


 以前の私なら、到底挑めるモノではなかった。

 農民上がりの下級兵では挑む時間がそもそも無い、という事もあるが、挑めないのは単純に私が弱いからだ。

 外よりも強いダンジョンモンスターは、聞いた話によれば訓練で戦い、かなり苦戦した“アースウルフ”が雑魚扱いされる様な場所である事に加え、地形効果によって難易度が何倍にも膨れ上がるという。

 命知らずではない私は、機会があっても挑むつもりはなかったのだが。


 どういう訳か、私は仲間と共に此処で、この中で三日を過ごさなければならない。


 正直、最初は無理だと思っていた。

 それはもう精神が崩壊してしまうかと思うくらい激しい訓練を積み重ねて多少の自信はあったが、今回潜るのが派生ダンジョンの一つだといえ、流石に三日も居続けるのは想像できない程の苦難になる。

 その筈、だったのだが。


 気がつけば笑っていた。

 私だけではない。

 私達は笑っていた。

 興奮から、自然と笑ってしまうのだ。


 私達は長剣や盾などそれぞれの得物を構え、近づくダンジョンモンスターを次々と屠っていく。

 訓練の成果か敵の動きを目で追う事ができ、冷静に対処すれば以前だととてもではないが倒せない相手すらさほど怪我をする事なく倒せてしまう。


 ある程度の階層から出てくるようになった、巨躯と頑健さに優れた“ロックベア”を前にしても、私は全く焦る事なく戦えた。

 繰り出される豪腕の一撃も、頑強な肉塊の突進も、仲間と連携する事で注意を分散し、余裕をもって回避しつつ、隙を見て分厚い毛皮や肉を切り裂いた。

 流石の頑丈さで致命傷はなかなか与えられないが、無数の傷を与えることで弱らせ、最後には首を切り落として止めを刺した。

 ロックベアは確かに強敵ではあるが、団長を前にしたあの絶望感からすれば、ロックベア程度が数匹居たとしても焦ることはないだろう。


 これまででは考えられない程の圧倒的な勝利に、だから私達は笑い合い、酔いしれた。

 笑わずにはいられない。

 仮初の万能感すら沸き起こってしまいそうな程の、以前との大きな差異。

 攻略は、順調に進んでいった。


 ちなみにダンジョンモンスターと同じかそれ以上に厄介なトラップの類は、イヤーカフスによって事前に知る事ができたので引っかかる事も無かった。


 流石に疲労が出てくる夜は安全そうな場所で野営の準備をし、ドロップアイテムを使った料理で腹を満たす。

 それなりに質の良い食材なので美味かったし、大森林ではサバイバル技術も叩き込まれるので慣れたものだ。

 この段階になると最早ダンジョンに入る前にあった不安はなく、交互に仮眠をとって休み、次の日に備えた。

 それに三日間をただ過ごすだけでは面白くないと、私達はダンジョンボスを討伐してやろう、と意気込んだ。

 そこまで深くは無いようなので、できない事もないのではないだろうか。


 おっと、哨戒中にゴブリンメイジを含む一団を発見。

 まだコチラを発見できていないようなので、気配を消して近づいていく。

 それ射程内に捉えたら、サクッとな。


 気負う事なく繰り出した、戦技(アーツ)斬撃(スラッシュ)】を伴った首狩りの一撃に、無防備なゴブリンメイジの首は抵抗する事なく切断されて宙を舞う。

 ゴブリンメイジの前方を進んでいたゴブリン達が慌てて振り返る前に、素早く距離を詰めて連斬。

 集団の間を走り抜ける気持ちで繰り出した攻撃は、五匹いたゴブリン達の内三匹を殺害、残り二匹も片腕や片足を切り飛ばす、という結果となった。

 思ったよりも順調だが、援軍を呼ばれると面倒なので油断なく、そして素早く止めを刺していく。


 それにしても真正面から戦えばメイジは非常に厄介だが、魔術を発動する前にこうして首を切り落としてしまえば問題ない。

 ダンジョンモンスターは確かにスペックは高いのだろう。強化されたその肉体は驚異である。

 しかし常に考え、心身を鍛え、研ぎ澄まされた隙の少ない戦い方をする同僚達に比べれば、ダンジョンモンスターといえど意外と殺すのは難しい事ではない。


 今回の挑戦は、全て私達の糧になる有意義なモノとなるだろう。



 ・新兵を強兵に育てる百の方法。

 ・お手軽パラベラム式訓練?短期版。

 ・参加料――税込十五万円。

 ・注意――訓練中不幸な事故がありましても当社は責任を負いかねます。


Day 160 == 【 Day 160 Sidestory 】 == Day 161


Also on Fandom

Random Wiki