Fandom

Re:Monster Wiki

Day 141-150/Day 143/Sidestory

< Day 141-150 | Day 143

961pages on
this wiki
Add New Page
Comment1 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


SidestoryEdit

NEW TL

PLACE TRANSLATIONS ABOVE THE BAR. THESE ARE THE RAWS, LEAVE THEM HERE UNTIL SOMEONE DOES A REAL TRANSLATION (NOT JUST A GT OR RUSSIAN TRANS). CLICK EXPAND TO VIEW THEM.


【信仰の厚い貴婦人視点:百四十三日目】


 王妃様主催の茶会。  それはとても煌びやかな場であり、またそれに呼ばれるという事はとても名誉な事。

 しかし今日の茶会は、普段以上に特別な意味を持っていました。


 王妃様によって招かれた特別ゲスト。

 アポ朗様。


 人間を凌駕する、強靭な【鬼人(ロード)】の中でも一際高い能力を秘めた【使徒鬼(アポストルロード)】という、数少ない、神々の恩恵を受け易い祝福された種族の御方。

 それに加えて上位神の【加護持ち/亜種】とあらば、その存在はまさに神の御使いそのもの。

 神の寵愛を受けし、ただ居るだけで、周囲に影響を与える御方。


 矮小な私では近くに居る事すら烏滸がましく。


 でも、一目見た時から胸に灯るこの熱が、消え去る事は無くて。

 禁断であればこそ燃え上がるモノもあると、私は思うのです。


 ああ、あの横顔。なんと凛々しく、美しいのでしょうか。

 ああ、あの髪。なんと艶やかで、思わず手を伸ばしてしまいそう。

 ああ、あの双眸。私の全てを見透かしてしまいそうなその視線に、腰が抜けてしまいそうに。

 ああ、ああ、ああ、ああ、ああ。


 触れて、みたい。

 会話して、みたい。 

 抱きしめられて、みたい。

 匂い嗅ぎたい。クンカクンカしたい。

 使った食器が欲しい。ペロペロしたい。

 座った椅子が欲しい。スリスリしたい。

 ああ、ああ、ああ、ああ、ああ。

 溢れ出る思いが、情熱が、情欲が、陶酔が、熱狂が、信仰が、感情が、暴走してしまいそうで。

 でも、何とか、ギリギリの所で、止めたくて。

 でも、ああ、なんて、ステキナノ……。



 ・熱心過ぎて、限度を越すのは止しましょう。

 ・一度冷静になり、振り返ってみましょう。

 ・恍惚のヤンデレポーズ系貴婦人には気を付けてください。


Day 143 == 【 Day 143 Sidestory】 == Day 144


Also on Fandom

Random Wiki